個人情報はどこまで聞かれるの?

クレジットカードの現金化は本人名義のカードでショッピング枠残高さえあればどなたでも受けられるサービスです。しかし、ご利用する時は申し込みをしますので現金化の業者にある程度の個人情報は伝えることになります。ほとんどの店舗が必ず確認するのが身分証明です。なぜ身分証明を確認するかというとクレジットカードの不正利用を防止するためです。クレジットカードの使用は本人だけしか利用することができません。例えばクレジットカードが入った貴重品を他人が拾ってカードを使うことも最悪なことにできてしまう可能性もあります。クレジットカードの現金化のトラブルではこういったケースも実際起こり得ることです。クレジットカードはむやみに人に見せたり、預けるようなことは決してないようにしてください。

 

現金化の店舗によって申し込みをする際に聞かれる個人情報はそれぞれ違いますが、氏名、生年月日(年齢)、性別、住所は聞かれるものだと思ってください。
このことに関しては現金化の業者がクレジットカード決済する際のカード情報と同じなのか確認するするためです。氏名はもちろんのことですが、例えば男性の方の名前でも『アユミさん』って名前の方もいますよね?だから、性別も確認するのでしょう。住所は現金化のサービスを受けてもらった時に購入してもらった商品を届けるための情報として聞かれるのだと思います。お客様の情報は個人情報保護法に基づき、厳重に管理してる現金化の会社ばかりですので他の目的で使用することは一切ございませんから、ご安心ください。
それでも個人情報は業者に話したくない方は個人情報はどこまで聞かれるのか確認してみてはいかがですか?それ以外に情報の漏洩がご心配の方は、現金化のサービスを受けるのかをよく考えた上で申し込みを
ただし、個人情報をあまり伝えたがらないお客様には現金化の業者も申し込みの時点で見送りにするかもしれませんね。
クレジットカードの現金化の実態が目に見えるものではないので業者に、自分のことをどこまで話して良いのか不安だとは思いますが、業者もお客様の個人情報を利用して悪質なことでの利用をすれば信用をなくすだけですし、ただでさえクレジットカードの現金化はイメージが悪いですから、現金化の業者もお客様が心配になることは決してしないと思います。

 

現金化口コミ広場|TOPにもどる