カード現金化の景品表示法とは

ショッピング枠の現金化には景品表示法というものが表記されています。

 

景品表示法は、正式名は不当景品類及び不当表示防止法となります。

 

景品表示法とは、販売商品の品質・内容・価格等の不当表示を規制し、過大な景品付き販売を防ぎ、品質の悪い商品を購入することが無いように消費者が良い商品を選べる為の環境作りをいたします。

 

過大な景品類の販売をを防ぐことによって、不利益を被ることがないのです。

 

景品表示には、一般消費者の利益の保護の為に不当な顧客誘引の禁止が二つあります。

  1. 不当な表示の禁止
  2. 過大な景品類の提供の禁止

不当な表示概要は次の通りに分かれています。

  1. 優良誤認表示
    商品・サービスの品質その他の内容について
  2. 有利誤認表示
    商品・サービスの価格その他の取引条件につい
  3. 内閣総理大臣が指示する表示
    商品・サービスの取引が一般消費者に誤認される恐れがあるものについて

景品類の概要は以下のように分かれています。

 

一般懸賞に関するもの、共同懸賞に関するもの、総付景品に関するものと景品類の限度額等が決まっています。

カード現金化の販売は景品表示法に該当

カードのショッッピン枠現金化は、クレジットカードを使用して資金を調達するしくみであります。

 

カード現金化は景品表示法に該当する景品を販売しています。

 

景品表示法に該当する景品とは、総付景品というものございますがクレジットカード現金化では、この総付景品が正に該当する景品です。

 

総付景品は別名もれなく型とも言われております。

 

懸賞でなく、商品を購入された全ての方、もしくは何かのイベントに来場された全ての方に貰える景品のことを意味します。

 

例えば、ご来店の方全ての方に記念品を差し上げます。等というのはもれなくに該当します。

もれなく型の例外となる景品表示法

カード現金化のもれなく型には色々な意味が込められています。

 

例えば、それぞれ景品には額面がついており、取引する際は景品の最高額の10%以下にしなければいけない決まりがあります。

 

商品代金千円の物を購入した場合、景品に付いているもれなく型は百円以下でならないということです。一円でも超えてしまう場合は、法に触れてしまうことになります。

 

そうなると、現金化はどうなるのでしょうか。

 

換金率80%から90%の現金化業者は違反を犯していると思われがちですが、このもれなく型には特別に例外がございます。

 

お店で販売する商品やサービスを提供する為の必需品、物品の見本や宣伝の為のサービス、系列店や姉妹店等で使用可能なクーポン券、お店の周年記念やグランドオープン等で贈呈される景品等です。

 

クレジットカード現金化のキャッシュバックは例外となります。

 

現金化のキャッシュバックは現金なので、全く違法性がないのです。

 

例えば、大手電化製品販売店の「ヤマダ電機」や「ビックカメラ」などで製品を購入した場合、特典として商品プラスキャッシュバックとして現金が付いてくるケースがございます。

 

これと同様、ショッピング枠の現金化も同じ、仕組みとなるので、キャッシュバック付き商品を購入する事で特典として現金がもらえるので、法律的にいっても問題無いことがお分かり頂けると思います。

 

現金化口コミ広場|TOPにもどる