どの資金策をするにしても必ず必要な物があります。

 

クレジット現金化に関してはショッピング枠残高のあるカードを持っていませんと利用することは当然ではありますができません。

 

その他にも身分証明書が必要となりカードの不正利用防止の為現金化業者に提示することになります。

 

身分証明をするにしても保険証では受け付けてくれない現金化業者が多いのです。

 

どうして、現金化は顔写真がある身分証がないとできないのでしょうか?

 

顔写真がある身分証ではないと駄目な理由

クレジットカード現金化は悪質業者があり利用者も取引する業者の選定には慎重になされることだと思います。

 

逆を言いますとクレジットカード現金化の利用者を装い悪用される人間もいますのでサービスする側も契約までには厳しく取り締まっているのです。

 

クレジットカード現金化までの過程は身分証明書の提出をしなければなりません。

 

提出といっても現物をお預けするのではなく携帯電話のカメラ機能を使い運転免許証かパスポートあるいは住民記帳カードのいずれかの写真をお撮りいただきメールに添付して送信します。

 

それだけでなく大半の現金化業者は自画像も写メしなければならない手間もあるでしょう。

 

何故ここまでして身分を明かさなければいけないのかと申しますと他人がクレカの名義人の身分証を持っていれば簡単に不正利用ができてしまう為です。

 

本人であれば自画像と免許証の写真と照らし合わせれば他人からの申込みではないことが証明できます。

 

これが、顔写真がある身分証ではないと駄目な理由です。

顔写真がある身分証を提出しても駄目な場合

クレジットカード現金化をサービスとしている業者との契約は顔写真付きの身分証がと自画像があればできるでしょう。

 

カード現金化の取引は来店型であればお互い面を合わせることができることから両者とも安心して臨むことができます。

 

ネットでの取引は電話をすることが可能ではありますがちゃんと身分を明かした人であっても不審者に勘違いされてしまうこともあるでしょう。

 

世の中には電話応答が不慣れな方も中にはいることでしょうがハッキリとした受け答えができませんと現金化業者は怪しいと感じてしまいます。

 

クレジットカード現金化は互いに信頼を得ないと成立が難しい取引ですから利用したくてもお断りされてしまう人もいることでしょう。

 

顔写真がある身分証を提出しても駄目な場合があります。

 

現金化口コミ広場|TOPにもどる