現金化を使って逮捕されないというのは嘘かも

これからクレジットカード現金化を利用しようと検討している人と経験者には不安を煽ってしまうかもしれませんが、この資金策は違法性だらけの資金調達です。

 

クレジットカード現金化では主流のキャッシュバック方式は「もれなく型」ということで景品表示法の例外と言われておりますが問題視されております。

 

現金化業者がキャッシュバック方式で取り扱っている商品は全く価値の無い物品を販売して景品を目的とした買物をさせていますので景品表示法に違反しているのです。

 

何ら価値が無い物を景品を付けることで売れ上げを伸ばすこと事態は間違いなく景品表示法にのっとっていません。

 

また、金銭の引渡しは景品表示法の景品には該当しないと言われております。

 

現金化を使って逮捕されないというのは嘘かもしれません。

 

その他にも現金化では逮捕される要素がある

クレジットカード現金化は景品表示法を違反しているだけでない資金策ということが発覚しています。

 

その他にも現金化では逮捕される要素があるのです。

 

そもそもクレジット現金化はカード会社の利用規約に違反した行為でお金を手に入れるための使用許可は認めておりません。

 

クレジットカードは本来の買物を目的とした利用しか許されていませんので現金を手に入れる為に使用したとなるとカード発行会社と加盟店を騙したことになりますので詐欺罪の疑いが出てきます。

 

また、クレカでショッピングしたものは代金の支払いが完了となっていない場合は買われた品物の所有権はカード会社にありますのでその物品を勝手に売り出したりする行為は横領罪となる行為です。

 

どちらにしてもカード会社へ返済はちゃんとするつもりがあっても違法行為を犯していることに間違いはありませんから逮捕されても仕方がありません。

 

不安要素があっても使った人は逮捕されていない

上記に述べましたようにクレジットカードを使う人は違法行為をしていることが発覚しており逮捕されるかもしれません。

 

頻繁的ではありませんが実際にクレジットカード現金化業者が逮捕されている事実はあります。

 

これだけ不安要素があっても使った人は未だ逮捕されていません。

 

ショッピング枠現金化は法律上では違法行為をしているのは確かなことなのですがカードの使用がお金を手に入れる為に使っているというところまで取り締まるのが難しいのでしょう。

 

1日にクレジット決済で買物をしている人は数知れないほどですから使用目的を調べることはできませんので現金化をしても逮捕されることがないのだと思います。

 

では、現金化業者が逮捕されているのはどうしてなのかという点ですが利用者からの詐欺被害が警察に提出され摘発となっているのです。

 

クレジットカード現金化はこれからどうなっていくのでしょうか。

 

現金化口コミ広場|TOPにもどる